DominoをASP.NETに移植する(3)

DominoのASP.NET移植計画、第3回目は開発環境の整備だ。こちらもすべて無償のツールで整備できる。導入するのは以下の2つのツール。
・Visual Web Developer 2005 Express Edition
http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/express/vwd/
・SQL Server 2005 Express Edition with Advanced Services
http://www.microsoft.com/japan/sql/downloads/
前者はASP.NET 2.0ベースのWebアプリを開発するための無償の統合開発環境(ただし初回に無償のユーザ登録は必要)。
■SQL Server 2005 Express Edition with Advanced Servicesの導入
後者はサーバ側にも導入したデータベースサーバだが、開発につかうパソコンにも導入が必要だ。本来なら SQL Server Management Studio Express さえあれば良いのだが、なぜかこれを導入するには SQL Server 2005 Express Edition 本体も導入する必要があるので、両方がまとまっている SQL Server 2005 Express Edition with Advanced Services を導入する。
導入はMicrosoftのWebサイトからダウンロードしてインストールするだけ。SQL Serverの設定についてはサーバ側の設定と同様でかまわない。
SQL Serverのインストールが終わったら、開発パソコン上で動いているSQL Server 2005 Express Edition 関連の各種サービスは、無駄な資源を消費しないよう、すべて「停止」して「無効」にしておくとよい。
導入が終わったら「スタート」→「プログラム」→「Microsoft SQL Server」→「構成ツール」→「SQL Server Configuration Manager」で構成ツールを起動する。ローカルで動いているSQL Serverは先ほど停止・無効にしたので構成の必要はない。
開発パソコン側で重要なのは「SQL Native Clientの構成」の方だ。こちらの「クライアントプロトコル」で「TCP/IP」を有効にする。これで開発パソコンから、SQL Serverを導入したサーバにTCP/IPで接続できるようになる。
では試しに接続してみる。「スタート」→「プログラム」→「Microsoft SQL Server」→「SQL Server Management Studio Express」をクリックして管理ツールを起動する。
「サーバへの接続」という画面が現れるので、サーバ名に「192.168.1.101sqlexpress」や「myserver01sqlexpress」などのように、SQL Serverを導入したサーバ名(またはIPアドレス)の後に「sqlexpress」という文字列をつけたものを入力する。
「認証」はサーバ側にSQL Serverを導入したとき、SQL Server認証を選択しているはずなので「SQL Server認証」を選択する。そして、サーバ側にSQL Serverを導入したときに設定したログイン名とパスワードを入力し、「接続」ボタンをクリックする。
すると左半分の「オブジェクトエクスプローラ」にサーバ名が表示され、その下に「データベース」「セキュリティ」「サーバオブジェクト」「レプリケーション」「管理」などのフォルダがぶら下がっている。
この「SQL Server Manager Studio Express」を使えば、マウス操作を中心にしてデータベースの新規作成、テーブルの新規作成、ビューの新規作成がかんたんにできる。Microsoft Access経験者ならほとんど使い方に困ることはないだろう。
逆に、かんたんにデータベースやテーブルの削除ができてしまうので、本番運用後の誤操作には気をつけたい。
■Visual Web Developer 2005 Express Edition
こちらもMicrosoftのWebサイトからダウンロードしてインストールするだけ。通常はWebからのダウンロードによる導入となるので、インターネットに接続している状態で導入作業する必要がある。
導入完了したら「スタート」→「プログラム」→「Microsoft Visual Web Developer 2005 Express Edition」をクリックして起動する。
以上でASP.NET 2.0開発に必要な環境はととのった。次回以降は「営業日報」という架空のDominoアプリケーションをASP.NET 2.0に移植するつもりで話を進めてみたい。