OpenLaszlo(オープンラズロ)に関する不毛な神学論争(2)

※以下、slashdot.orgというWebサイトでのOpenLaszloにかんする議論http://tinyurl.com/o53h5の日本語訳である。
■発言者:md17
もちろん。すべてのオープンソース・プロジェクト同様、コミットアクセスできます。そして他の大きなオープンソース・プロジェクト同様、オープンラズロも全てのコミットに対してレビュープロセスがあります。
あなたのところのコントリビュータ向けFAQはコミットアクセスできるとは読めません。パッチをメールで提出する必要があると書いてあるだけです。『真のオープンソース』ではないですね。
あなたはFlexのコードベースに私がコミットアクセスできると言いたいのでしょうか。それともFlexはオープンソースだと言いたいのでしょうか。何がおっしゃりたいのでしょうか。
私が言いたいのは、ラズロが『真のオープンソースではない』ということよりも、Flexがラズロよりも『オープンだ』ということです。どうして私の所有権にかんするコメントに回答しなかったのですか。私の意見では、『真のオープンソース』では、私が寄贈したコードは依然として私の所有物です。
(免責事項:私はアドビに勤務しており、JBossがWebメールクライアントにFlex 2を使うことに決めた後、勤務外の夜の時間や週末をつかって彼らの開発を手伝いました)」
◆発言者:SimHacker
「あなたはFLEXチームで働いているようですので、アドビがSVG(スケーラブル・ベクタ・グラフィックス)のサポートを続けるのか教えてくれますか。FLEXは実行環境としてSVGをサポートする予定があるのかどうか。そして開発ツールとサーバの価格がどれくらいなのか。などなど...
免責事項:私はラズロシステムズの請負業者でラズロメールの仕事をしています。SVGのプロジェクトもいくつか経験がありますので、アドビがSVGをまだサポートし続けるのか興味があります。アドビのSVGプラグインはまだMozilla/Firefoxをクラッシュさせますか。私がSVGをあきらめたのはそのせいなのですが。」
■発言者:md17
「私はアドビのSVG戦略全般についてお話できません。本当に何も知らないからです。でもSVGのサブセットがFlexでサポートされていることは知っています。Flex 2の価格については、開発キットは無償、FlexデータサービスのシングルCPU版も無償です。Flexビルダーと、クラスター版Flexデータサービスの正確な価格はまだアナウンスされていません。(リンク略)

◆発言者:SimHacker
「(中略)
FLEXを使ってもFlashには縛られないという人がいますが、アドビがFLEXアプリケーションをFlash以外の実行環境に対応させる計画だとか、何か内部事情を知っているのでしょうか。FLEXアプリケーションは今後、SVGビューアーやDHTML対応Webブラウザ上で、Flashプレイヤーなしで実行できるようになるのでしょうか。FLEXの新しい実行環境について何かご存知ありませんか。それとも、FLEXは本当にFlashしかサポートしないように設計されているのですか。
オープンラズロは(現在の)DHTMLや(理論上は)SVGなどの、複数の実行環境を初めから対象にしています。SVGが普及している理想の世界があたっとしたら、オープンラズロはFlashの他の選択肢としてSVGもサポートしたでしょう。ただし、現実にはSVGはほぼ絶滅しています。アドビが世の中にSVGのサポートを約束しておきながら、途中でやめてしまったためです。SVGにとどめを刺したのは、アドビのSVGプラグインがMozilla 1.0をクラッシュさせたことです。そのせいでSVGビューアーを使っているWebページは全て、MozillaベースのWebブラウザをクラッシュさせて、すべてのウィンドウを閉じさせてしまったのです。」
(SVGの将来性に関する議論は略)