NBOnline宋文洲氏の小泉首相靖国参拝評

『日経ビジネス』の試読をしたら、日経ビジネスオンライン(NBOnline)のメルマガが届くようになったのだが、コラムの中で読む価値があるのは、ソフトブレーンという会社の会長、宋文洲氏の「傍目八目」だけである。
今日は、8月15日の小泉総理の靖国参拝のとき、予想される日本のマスコミの喧騒をさけて北京にいた、という内容だったが、「靖国神社を政治問題化したのは中国や韓国ではなく、日本の方である」という論旨は明快だ。
一般の中国人は、たしかに首相が靖国神社に参拝することは不快に思うが、だからと言って抗議デモを行ったりすることはなく冷静である。むしろ8月15日の朝から晩まで、首相の靖国参拝についてあれほど騒ぎ立てた日本のマスコミの方が過剰反応だ、というのだ。
そして、靖国参拝が政治問題になってしまったのは、小泉首相がこれを「公約」にしてしまったからで、首相の靖国参拝に対して過激な行動に走る急進派は、中国人のごく一部の、特殊な人たちにすぎない、とのこと。
宋文洲氏のコラムを読むと、小泉首相の靖国参拝をめぐる騒動は、日本の大人気ないひとり芝居という観点が得られる。
靖国参拝のようなことを公約にしてしまう小泉首相も大人気ないし、それを騒ぎ立てるマスコミも大人気ないし、騒ぎ立てられて「心の自由だ」とか、わけのわからない抗弁をする小泉首相は、自分の大人気なさに恥の上塗りをしているだけ、というのが宋文洲氏の見方だ。
そういう観点もあるのかと、あらためて小泉外交の稚拙さを納得させられたという意味では、宋文洲氏のコラムは非常に興味深い。