伊坂幸太郎『重力ピエロ』

初めて読んだ『ラッシュライフ』のよくできた物語構造が面白かったので、伊坂幸太郎『重力ピエロ』を読み始めた。文体は簡素で読みやすいのはよいが、ネット上の書評で『ラッシュライフ』より良い作品だとあったのはウソだろう。
放火現場周辺の落書きも、各単語の頭文字が遺伝子の塩基配列になっていることが早々に分かってしまうし、この後、何を動機付けとして読み続ければいいのか分からない。もしも最後に意表をつくどんでん返しでもあれば、もう一度書評を書きたい。なければ、書評は以上である。
本当に面白い本に出会うというのは、なかなか難しいことだ。