転職したくないから転職する

来春に向けての新卒学生の就職活動は売り手市場という話だ。優秀な学生は内定をいくつももらっているので、各企業の採用担当者は内定を出した学生の引きとめに躍起になっているらしい。
日本の労働市場は10年前に比べれば流動性が高く、転職する人が多くなっているとは言え、まだ転職回数の多さは転職するときの障害になるという現実がある。また、昔より大企業指向が弱まっているという通説もどうやら間違いのようで、むしろ少子化・年金問題など、日本社会の将来に対する不安から、大企業指向は健在のようだ。
こうしたことから、20代から30代前半の日本のホワイトカラーは「転職を避けるために転職をくり返す」という矛盾した行動をとるようになってきているのではないか、というのが僕の個人的な見解である。
よく言われるように、新入社員の3割は3年以内に転職するという。これは、ホワイトカラーの転職に対する抵抗感が弱まってきたからではなく、一生働ける企業をより厳しい目で選別するようになってきたからではないだろうか。
一生働ける企業をより厳しい目で見つけ出そうとすると、今の職場の欠点が将来に対する不安要因として余計に目立ってしまう。この会社では一生働けないと判断すれば、より良い職場を求めて転職する。そして次の職場でも同じことがくり返される。このようにして「転職はすべきでないという」考え方から、「転職をくり返す」という矛盾した行動が導き出される。
企業側は従業員の教育コストを最小化するため、優秀で転職しない社員を採用しようとするが、そうしようとすれば、新卒で入社した社員が転職しないような大きなインセンティブを与えるか、すでに転職経験のあるキャリア採用にたよるかのどちらかになる。
しかし、新卒の新入社員の転職を避けるために、どれだけのコストをかければいいのかは簡単に計算することができない。ふつうに考えると、小さな会社ほど、新卒をひきとめるためにより大きなコストをかける必要がある。
経営者が十分に合理的だとすると、小さな会社は、新卒をひきとめたり、一から教育したりするよりも、転職経験のあるホワイトカラーを採用したほうが低コストなので、後者を選択する。ところが転職経験のあるホワイトカラーは、一生働ける会社を厳選する傾向が強いからこそ転職したと考えられるので、再び転職する可能性が高い。
ところで、転職をくり返すホワイトカラーが最終的にとどまる会社というのは、一生働けると判断した会社であるか、転職したくてもできなくなった時点でたまたま在籍した会社であるかのどちらかになる。中途採用したホワイトカラーが、このどちらの理由で自分の会社にとどまっているのか、企業側は正確に判別することができるだろうか。