Fedora Core 5で読者から助言

Fedora Core 5のインストールトラブルについて書いたところ、早速ある読者の方から、Fedora CoreはRed Hatのベータ版の位置づけなので顧客に提供する環境には使ってはいけないと言われたことがある、というメールを頂いた。
毎日CVSでパッチを追いかけているような人でなければ利用するのは厳しく、ドライバも完全に動作しないものがかなりあるということだ。こんな半製品を大部の解説書つきで、いかにもWindowsユーザ向けの入門用Linuxみたいな触れ込みで売り出す出版社は詐欺同然だ。
この読者のお勧めはCentOSやKnoppixといったディストリビューションとのことだ。
僕はといえば、Fedora Core 5を削除して、近所の図書館で借りてきたRed Hat Linux 9の解説書付録のPublisher版をインストールしてみた。GNOMEもネットワークカードもモニターも完全に動作する。ただ、解説書が初心者向けにGUI中心の記述になっているので、やはりCentOSに乗り換えようかと考えている。