FC2無料カウンタ障害でデータの過半が喪失

これまで高機能な点を買って、FC2の無料アクセスカウンターを利用していたが、先日サーバ障害があって、3分の2の過去のアクセス履歴が失われてしまった。それに対してFC2からの謝罪のメールには、「ほとんどのデータを復旧することが出来ました」と誇らしげに書いてあった。
このような謝罪メールは、無料サービスを信頼したあなたが愚かなのだ、という意味にしか読めない。ココログは障害があってもデータがなくなることはなかった。障害が発生してデータの過半が失われるアクセスカウンタ・サービスの、社会的な存在意義とはいったい何だろうか。
FC2の無料サービスを利用している方は、二度と障害が発生しないと確言できない以上、必ず再び障害が発生して、同様の謝罪メール一通で事が済まされることになるので、適切な判断をした方がよい。