『国家の品格』藤原正彦氏に関するおすすめブログ

■藤原正彦氏のエッセーについて、立ち読み程度で言いっぱなしも失礼だと考えたので、昨日近所の古本屋で氏のエッセイストとしてのデビュー作と思われる『若き数学者のアメリカ』(新潮文庫)を買って、きっちりテキスト分析をしようと計画した矢先、まさに先回りして同じことをやって下さっているブログの記事からトラックバックを頂いた。ここで改めてご紹介したい。
sleepless nightさんによるブログ『性・宗教・メディア・倫理』の今日2006/04/02の記事「新田次郎によろしく」である。エッセイストとしての藤原氏の「歴史」がコンパクト、かつ、非常に的確にまとまっているので、ぜひご一読下さい。