ナターシャ・サン=ピエールNatasha St-Pier経歴(2001/09/08-11/01)

■(ナターシャ・サン=ピエール経歴つづき)
参照元:Le site de référence sur NATASHA ST-PIER
―2001/09/08 次のアルバムは一部はフランス(パスカル・オビスポとのコラボレーション)、一部はモントリオールで録音される。
ナターシャフランス入り。6週間にわたって多くのテレビ・ラジオ番組の録画・録音がある。そしてセカンドアルバム『A chacun son histoire』から2枚目のニューシングル『Tu m’envoles』(訳注:ふつうenvolerという動詞は代名動詞として自分自身の「飛び立つ」「吹き飛ばされる」などの動作を示すためにしか使われず、この曲の題名のように「あなたが私を飛び立たせる」のような形では使わない)を発売する。
―2001/09/12 本日からガルーのツアーがモンペリエのゼニト(訳注:会場の名前)で始まり、12/01モントリオールのサンドニ劇場での公演まで続く。ナターシャは前座をつとめる。
―2001/09/15 30分間のガルーの前座でナターシャが歌ったのは以下の6曲。
1.『A chacun son histoire(人それぞれの物語)』
2.『Tous les cris les SOS(SOSの叫び)』(ダニエル・バラヴォワンヌの曲)
3.『Tu m’envoles』
4.『Can’t find the moonlight』(映画『コヨーテ・ガールズ』から、リーン・ライムの曲)
5.『Je n’ai que mon âme』
6.『The winner takes at all』(アバの曲)
―2001/09/18 ナターシャが『Je n’ai que mon âme』でフランスのゴールデン・シングルに。30万枚以上の売上!
―2001/09/28 今晩午前1時からTV5がモントリオールのモルソン・センターからの中継で特別番組を放送。ケベックのアーティストが多数出演し(セリーヌ・ディオンも!)、米国9.11テロの犠牲者に哀悼の意を示す。ナターシャはベルギーでツアー中だが、激励のメッセージを録画しており、番組中で放送される予定。
―2001/10/04 第23回ADISQ授賞式が開かれる(訳注:ADISQとは1978年にケベック州の音楽振興のために設立された団体。Association québécoise de l’industrie du disque, du spectacle et de la vidéo〔ケベック州レコード・芸能・ビデオ産業振興会〕の略)。ラジオ・カナダの19時30分からのテレビ放送で10/28に開催される第23回授賞式のノミネートがサンドニ劇場からの中継で発表される。
ナターシャは「年間最優秀女性歌手」と「ケベック州の外で最も名声を上げたケベック出身のアーティスト」の2つのカテゴリーでノミネートされている。一般の人たちは2001/10/14まで「最優秀女性歌手」と「最優秀男性歌手」に投票できる。
―2001/10/11 ナターシャは明日の晩、リヨン郊外のラジオ・スクープでプライベート・コンサートを開く。フランスでナターシャが初めて開くソロコンサートである。
―2001/10/16 ナターシャの最新アルバムは予告された今年秋にはケベックで発売されず、2002/02になる予定とのこと。2002/03にはヨーロッパでも入手可能。
―2001/11/01 ナターシャはADISQで受賞することができなかった。彼女は新たなパートナー、セバスチャン・ブノワに抱かれて輝かしく登場。公式の場に初めていっしょに現れた。