「信仰は賭け」はパスカルの『パンセ』

■石原都知事が紀宮様の結婚披露宴で、「信仰とは賭けである」と言ったのがベルグソンだと話しているのをテレビで見た瞬間に、「それはパスカルでしょ」と思ったのは僕だけではないはずだ。都庁の定例記者会見で記者から間違いを指摘されて「論拠を示せ」と、都知事ご立腹の様子だったが、件の「パスカルの賭け」は超有名な主著『パンセ』の233節にあるということはインターネットで調べるとすぐにわかる。
たとえば次のページにこの部分の引用があるExaminons donc ce point, et disons : <<Dieu est, ou il n’est pas.>>

「信仰は賭け」はパスカルの『パンセ』」への0件のフィードバック

  1. 本の中の名言・格言

    パスカル『パンセ』

    ■数学者・哲学者の名言・格言 パスカル『パンセ』
    世の中にはあらゆるよい格言がある。
    人はそれらの適用にあたって、しくじるだけである。
    幾何学者が繊細で、繊細な人が幾何学者であるのは珍しい。
    なぜなら、幾何学者はそれらの繊細な事物までも
    幾何学的に取り扱おうとするからである。
    人を有益にたしなめ、その人にまちがっていることを示してやるには、
    彼がその物事をどの方面から眺めているかに注意しなければならない。
    なぜなら、それは通常、その方面からは真なのであるか…