USENのGyaoは使える

■実はつい先日、家のインターネット接続回線をTEPCOひかり100Mbpsに変更した。ADSLがよく途切れ、使い物にならなくなってきたからだ。あるWebサイトで実効速度を測定すると、21時前後の比較的混雑する時間帯でも、60Mbps前後出ているので、動画も快適に視聴できる。
そこで最近テレビCMの露出が大きいUSENの「Gyao」という、無料動画配信サービスを利用してみたのだが、これが結構使える。無料だけあって、10分程度ごとに必ずCMが流れるが、まあテレビと同じと思えばそれほど苦にもならない。
先日はQueenのライブ・ドキュメンタリー映画を観て、今は亡きフレディー・マーキュリーのカリスマ的ステージングを堪能できたし、昨夜はいつもニュースステーションを観ている時間帯に、Steely Danの名盤『aja』の制作過程をテーマにしたドキュメンタリーに思わず見入ってしまった。これは本当におもしろいドキュメンタリーだった。
Steely Danの『aja』は僕にとってもお気に入りのアルバムの一枚だが、ウディ・アレンに似た東海岸の知的洗練をかもし出すドナルド・フェイゲンとウォルター・ベッカーの、完成度のあくなき追求が天才的だ。さまざまなスタジオミュージシャンを使いながら、自分たちの頭の中ではすでに完成されている音を作り上げていく過程が、関係者の回想インタビューで浮き彫りにされていく。
テレビでは視聴率が稼げないが、こんな上質で面白い番組が観れるのだから、Gyaoはかなり「使える」。
そういう意味で、このエントリーのカテゴリーは「テレビ」とさせてもらった。