2台のフィット

■帰宅途中、住宅街の狭い道路で、僕をうしろから追い抜いた水色のフィットが、路肩に駐車していたシルバーのフィットの右のドアミラーを「バキッ」とぶつけて折った。水色のフィットはとまどうようにスローダウンして、しばらくゆるゆると走っていたが、異常を察して店から飛び出した持ち主の姿が見えるや否や、いきなり加速して逃亡した。持ち主はシルバーのフィットにあわてて乗り込み、水色のフィットのあとを追ったが、追いついたのかどうか。犯罪検挙率が大幅に悪化し、まさに今の日本は「逃げ得」の社会。僕のような傍観者が世の中にあふれ、こういう小さな罪が見過ごされるところから、それは始まっている。