松下製品不買運動

■松下電器がアイコン特許侵害裁判でジャストシステムに勝訴し、「一太郎」「花子」を製造販売中止の判決が下りたとのこと。仮執行は見送られ、すぐに販売中止になるわけではないが、すでにジャストシステムには株価のストップ安という経営上の実害が出ている。
どうやら松下電器は同じ特許についてソーテックやジャストシステムなど、特許係争対応力が弱い企業を狙い撃ちしているようだ。ジャストシステムはATOKに並ぶ主力製品の「一太郎」「花子」の販売を停止するわけにはいかないので、最終的にライセンス契約を結ばざるを得なくなる。わずかばかりのライセンス利用料が毎年松下電器に入るというわけだ。どう考えても進歩性の低いこのアイコン特許をネタに、日本で唯一マイクロソフトに対抗できるOAソフト「一太郎」や「ATOK」を開発するジャストシステムから小金を稼ごうという松下電器の特許戦略は、松下電器にとっては合理的な経営判断かもしれないが、企業の社会的責任の観点からすると明らかに誤った経営判断だ。
松下電器とソーテックやジャストシステムでは誰が見ても企業規模の差が大き過ぎ、一般消費者から「中堅企業の係争能力の弱みにつけこんだ小金稼ぎ」というそしりを受けることは避けられないのではないか。現に松下電器製品の不買運動を呼びかけるWebサイトもすでに出てきているようだ。一方で松下電器は好業績にもかかわらず今期中にデジタル家電部門で1000人、子会社の松下電子部品などで600人の人員削減も進めている。「消費者向け」製品メーカーとして、松下電器は社会的責任をもう少し考えた方がいい。もちろんこのWebサイトでも松下製品の不買を訴えておく。

松下製品不買運動」への0件のフィードバック

  1. トラバるまいか

    一太郎 逝っちった?

    「一太郎」「花子」製造・販売差し止め命令・松下電器が勝訴(NIKKEI NET)特許侵害認め、「一太郎」「花子」の製造禁止・破棄命令(asahi.com)一太郎…

  2. at@soft & divergent blog (仮)

    【日記】「一太郎」特許で思うこと

    世間的には“寝耳に水”といった感が強かったが、
    ソフトウェアの特許権侵害問題を受けて2月2日には各方面で「一太郎ショック」が走った。
    たしかに、GIF特許な…

  3. MISTTIMES.com Blog

    一太郎&花子&ATOK2005、いよいよ2月10日に発売

    昨日2月1日、トンデモ判決が出て、世間では大騒ぎになっている。判決が出たとはいえ、最終的に確定するまでは実効性はないので、ジャストシステムの言う通り、現在使って