NHK従軍慰安婦番組問題:番組を判断するのは視聴者

■従軍慰安婦特集番組の問題について、とある読者の方から、政治家がNHKに圧力をかけて番組内容を変更させたという記事は、朝日新聞記者の捏造というのが真実だというご指摘を頂いた。この方は様々な情報源を調べた上でそう結論づけているので、この点については僕が間違いで、政治家が圧力をかけて番組内容を変更させたというのは嘘だと意見を変えたい。そもそもNHKが何者かに圧力を受けた事実さえなかったのかもしれない。
しかし、NHK自身が同番組の担当デスクの意図に反して、番組内容を変更した事実に変わりはない。番組内容が事実に反する捏造であるという理由で変更したのなら正当だが、仮に番組内容が「偏っている」というだけの理由で放送前に番組内容を変更したとすれば、問題がある。
従軍慰安婦問題について、例えば強制連行の事実はなかったと主張する人たちが、NHKが番組内容を変更した事実そのものに問題はないと考えているとすれば、それは別個の問題を一緒にする誤りをおかしている。今回の問題と、「従軍慰安婦」という歴史的事実があったかどうかという問題は、まったく別の問題である。今回問題になっているのは、NHKが放送前に番組内容を変更するという行為が放送局として正しいか否かということだ。放送局が放送前に番組を自己検閲することに問題はないのかという問いだ。
もちろんこの問いについても相反する意見があるだろう。「NHKが一個の組織である以上、自己検閲は当然であり、担当デスクは組織を離れて同様の番組なり映画なりを作るべきだ」という意見と、「NHKだけでなく全ての放送局は自己検閲などすべきでなく、自己検閲はメディアの自己否定だ」という意見があるだろう。

僕は「番組内容について判断する権利を持っているのは視聴者である」という考えだ。メディアはどんな奇妙キテレツな意見であれ、じゃんじゃん放送すべきである。メディアは単なる「媒体」で、「メディアの自己検閲」というのは形容矛盾だ。真の議論は、番組が視聴者に届いたときに初めて始まるのである。
今回の問題でNHKは朝日新聞記者の記事捏造をあばくことに成功したとすれば、そういう情報は様々な番組を通じて僕らにちゃんと届いた。ところが、当時NHK内部で何があったのか、そのことについての情報はいまだ僕らに届かない。朝日新聞は自分で仕掛けたワナにはまる失態を露呈したが、そのような自分自身の失態さえ露呈してしまうだけ、まだメディアとして正しく機能している。ところがNHKは、番組内容変更の理由について何も説明していないか、または、「内容が偏っていたから」(つまり「自己検閲しました」)という以外の説明をしていない。これはNHKがメディアとして機能不全に陥っていることを示していないか。

NHK従軍慰安婦番組問題:番組を判断するのは視聴者」への0件のフィードバック

  1. 創難駄クリキンディーズ2004福岡

    圧力をかけた証拠は無くとも、圧迫感を受けて自主規制した人はいた、って話なのではないでしょうか。★★NHKの人が、4年前のドキュメンタリーが政治的圧力を受けて改変させられたと告発してからのすったもんだに思う事★★

    自主規制、と言うか、自分で自分の尻尾を切った話だけど、尻尾が未だジタバタ暴れてる

  2. 今年もクルテク

    ジャーナリストやメディア関係者によるNHK問題に関する記者会見とアピール

    videonews.comでタイトルの映像が見られます(無料)。
    ジャーナリストの皆さん、怒ってます!!熱い!!
    これでわたしも受信料の支払い拒否する決心ができました。

  3. Silly Talk

    報道は自由に行い視聴者がそれを判断すべき?

     NHKの番組改変問題に関して「愛と苦悩の日記」というサイトでは、「番組を判断す