ライブドアの戦略に疑問

■休日にテレビを見ていると、ライブドアの堀江社長がよく登場すること。広告費ゼロの宣伝になると知って出演しているのだろう。しかしこうして球界再編などで頻繁にテレビに「ライブドア」の名前が現れるようになるまで、ライブドアがYahoo!と同じようなポータルサイト事業をやっていたり、パッケージソフトの開発・販売事業をやっているとはまったく知らなかった。
その他のインターネット証券業にしても、携帯電話へのコンテンツ配信事業にしても、IT活用の不十分な領域に他社に先んじて参入し、顧客の囲い込みを狙うというビジネスモデルは一貫している。ただ、いったん囲い込んだ顧客を維持する戦略は見えず、ひたすら新しい市場の開拓だけで利益水準を維持しているように見えるのは僕だけだろうか。