完成したばかりの丸ノ内オアゾ

■国鉄本社跡地に完成したばかりの丸の内オアゾに行って来た。主な目的は新しい丸善本店だ。洋書の品揃えは新宿南口の紀伊國屋や八重洲ブックセンターにも及ばないが、和書の専門書はかなりいい線をいっている。トマス・アキナスの『神学大全』とヘーゲル全集が全巻ずらりと並んでいる書店を見たのは生まれて初めてだ。
ただ、各階の床面積の広さは期待したほどではなく、通路もテレビで紹介されているのを見て想像していたよりも随分狭くてがっかりした。丸善以外の店舗には興味がなかったのでじっくり見て回ることはしなかったが、丸ビルと大して違いがないのではないか。同じ三菱地所の建物だから当然と言えば当然なのかもしれないが。