『誰も知らない』主題歌を歌うタテタカコのアルバム

■映画『誰も知らない』がかなり良かったので、挿入歌の収録されているタテタカコのアルバム『そら』を買ってきた。早速ギターを弾きながらコピーをしていたが、Fメジャー(ヘ長調)でベースラインが聴き取りやすいのでコード進行は意外に簡単だった。F-AmonE-Dm-FonC/Bb-BbonCという感じ。
しかしこのアルバムに収録されている、彼女自身の作詞作曲による他の曲はかなり異彩を放っている。流行の邦楽を聴き慣れた耳には、とくに一曲目の『夕立』などは新鮮に聞こえる。タテタカコが国立音大卒ということもあるのだろうが、どちらかと言うとPOPSというよりも合唱コンクール課題曲と言う感じで、クラシックの歌曲を思わせる転調とテンポの変化が美しい。
ただ、どの曲ももう少しちゃんとしたスタジオで、完璧な調律のピアノで録音して欲しかったような気がする。このアルバムの売上げで儲かったら、映画挿入歌の『宝石』をもう一度録音し直して欲しい。