平野啓一郎『日蝕』

■平野啓一郎『日蝕』(新潮文庫)を読み終えた。『広告批評』で高橋源一郎との対談で話しているように、著者が文学史のおさらいを意図してわざとこの文体と主題を選んでいると知っているので読むことができたが、横光利一の『日輪』しかり、舞台を歴史的な過去に設定してそこから一歩も足を踏み外さない小説というのは、僕にとってはどうもしっくりこない。その虚構性ばかりが目についてしまうのだ。こういう作品を読むと、所詮僕にとって小説は「他者」でしかないのだなぁと寂しい気持ちになる。この分ではたぶん同じ作者の『葬送』は自分には無理だろうなと思う。