片山恭一の下手くそさ加減

■ということで(どういうことなのかは下記の昨日の日記を参照)吉田修一の『パレード』を読み始めたのだが、さすがタカハシ先生、こうして普通の純文学を読むと片山恭一の下手くそさ加減がはっきりと分かる。現代の若手作家と言えば阿部和重くらいしか読んだことがないので、とても乾いた、場合によっては暴力的なものを予想していたのだが、思いのほか「いい話」だ。