KDDI携帯をDDIのPHSに買い換えた

■KDDIの携帯電話をDDIポケットのPHSに買い換えた。最新機種である京セラのAir H” PHONEではなく、ひとつ型遅れの日本無線の製品を1円で購入した。Opera搭載は魅力だったが、PHSでOperaを使ってインターネットを閲覧するくらいなら、携帯用パソコンを買ってPHSをつなげばいいだろうと考えてのことだ。日本語変換の効率が三洋電機製のau携帯電話より悪いことをのぞいては、とくに不満はない。
この日本無線の機種はPOPメーラー搭載で、@niftyのメールサーバにPHSから直接接続でき、@niftyから携帯電話のメールアドレスへの転送設定が不要になった。この点は便利になったが、インターネット閲覧はSSL対応とは言え、内部の記憶容量の制限でiモード用サイト程度のデータ量のページしか閲覧できないので、いままでのau携帯電話でez webを使っていたのと変わらない。
PHSは電池のもちが良いので毎日充電する必要がなくなった。カメラ付きが必要ないなら日本無線のPHSで十分ということだろうか。ちなみにこの機種、発売当時パソコン接続用のUSBケーブルは別売だったが、今は無料の付属品になっている。販売店の店員はまだ別売りだと勘違いしている場合があるので注意されたい。