業界への強すぎる思い入れは部分最適経営の元凶

■If you have too much fondness with the industry which your company belongs to, that might do harm when you participate in managerial decision making. In many cases, too much stress upon the personal motivation in an organization leads to suboptimization. It is true that it is always important to motivate staff level people. But it is true as long as the people share the same vision of the company. Personal and special fondness of the industry sometimes hinders the dissemination of the vision of the top management.
自分の所属している会社の業種に思い入れを持ちすぎると、経営の観点から意思決定に参加するときに弊害がある。多くの場合、組織の中で個人的な動機付けに力点を置き過ぎると、部分最適に陥る。確かにスタッフレベルの動機付けは重要だが、あくまで会社のビジョンを共有している限りの話である。業界に対する個人的で特別な思い入れは、経営トップのビジョンの浸透をさまたげることもある。