下田治美『精神科医はいらない』

下田治美著『精神科医はいらない』(角川書店)が近所の図書館にあったのでハードカバーを借り出して読んでみた。ちなみに彼女は映画化されて有名になった『愛を乞うひと』を書いた小説家である。
著者自身十年来のうつ病患者として、無能な精神科医の効果のない治療に虚しく時を過ごした経験から、最終的には精神科医などあてにできないと結論づけている。筆者の人間的な視点から描かれた統合失調症の友人、知人のエピソードは悲壮感がなくユーモラスでさえある。
本書の白眉は、インターネット上のあちこちの書評でも触れられているが、境界性人格障害の権威と言われている町沢静夫と、ここでも何度か紹介しているひきこもりの専門家である斎藤環への痛烈な批判だろう。町沢静夫については、彼が増悪させた患者の尻拭いを何度もさせられている別の精神科医というのが登場するので、医者としての能力がないことは明白だ。
他方、斎藤環については週刊文春に掲載された彼のひきこもりに関するインタビュー記事をこてんぱんにやっつけているのだが、ちょっとやり過ぎではないかと感じた。というのは下田治美氏の批判から推測される記事からすると、斎藤環の発言が週刊文春の編集意図でかなり偏った誇張がなされていると思われたからだ。斎藤環の本はすでに二冊半読んだが、ひきこもりについて下田氏が読み込んでいるほど誤解や虚栄心、悪意に満ちた文章は一つもなかった。それに斎藤環自身の医者としての治療能力について、下田氏はまったく触れていない。この週刊文春の記事だけにもとづいて斎藤氏を攻撃するのは、やや勇み足ではないか。
それにしても町沢静夫の精神科医としての無能ぶりは、本書で十分過ぎるほど理解できる。こんな人物が境界性人格障害の権威のような顔をして何冊も専門書を書き、マスコミにも露出しているのだから、日本の精神医学の状況が下田氏とともに大いに嘆くに値する。
僕もフロイトやラカンで精神医学の個人的な勉強を止めていたら、やはりとんでもない誤解をしたままだったのかと思うと背筋が寒くなる。ちなみに本書はつい先日、角川文庫で刊行されたのでぜひご一読をお勧めする。たったの500円で精神病と精神医学について、ついでに下田氏のうつ病の原因となった「ヤマギシズム」というカルト集団についても、あなたの考え方が劇的に変わる可能性がある。
I read No More Psychiatrist written by a Japanese female novelist, Harumi Ohta. Her name became famous in Japan when her novel ‘Love Begger‘ was made into movie in 1998. She struggles with depressive psychosis since 10 years ago and in this book she concludes from her own experience that we can’t trust most of psychiatrists in Japan. She actually studies psychosis medicines, selects the appropriate medicines for herself and she finally found a psychiatrist who can accept her opinion about the prescription. The episodes of her schizophrenic friends described in this book from the humanistic point of view don’t sound pessimistic but even humorous. The most interesting part of this book is the harsh criticism against Shizuo Machizawa, famous psychiatrist in Japan and considered as authority of borderline personality disorder, and Tamaki Saito, also famous psychiatrist and considered as authority of social withdrawal (Hiki-komori) in Japan. Regarding Shizuo Machizawa, we can agree with her criticism because she concretely describes how a certain psychiatrist has to accept the patients who got worse by Machizawa’s terrible treatment. Although Machizawa writes many books about the depression of young people in Japan and comments on juvenile crimes on Japanese TV, it is clear that he is lack of fundamental skills as psychiatrist. We can completely understand how incapable and even how unethical Mr. Machizawa is as psychiatrist. However, regarding Tamaki Saito, I can’t agree with her because her criticism is based only on an article in a gossip weekly magazine. I think to some extent this article modifies Mr. Saito’s words based on the editorial policy. I already read two books written by Mr. Saito but I couldn’t find the points that Ms. Ohta criticizes. Anyway, this book persuades us to admit that we should lament how bad the situation of Japanese psychiatric medicine is. If I stopped reading about psychiatry only with psychoanalysis, I could never recognize this situation of Japanese psychiatry. This book is published in paperback in the last month and costs only 500 yen. I strongly recommend this book for all Japanese people. You will be able to have an appropriate understanding of psychiatry and psychoses as well as the religious cult group called Yamagishism which threw Ms.Ohta into the depressive psychosis by its brainwash initiation.