都会の鳩はどこで死ぬのか

■電車のホームに立つ人々の足元をかすめて、人間に慣れているのか、恐れず鳩がとぼとぼ歩いていくのを見て、東京じゅうにいる鳩がみないつか死ぬのだとしたら、その死骸を僕が一度も見たことがないのはいったいどういうわけだろうかと考えた。鳩は人間のように火葬や土葬で葬られることもないのだから、文字どおり人知れず、いたるところで白骨化しているはずなのだ。鳩はどうして死んでいくのか。
When I found a pigeon walking among the feet of people standing on the platform without being afraid of human-beings, I thought why I’ve never seen a dead pigeon if all the pigeon flying around Tokyo will die one day without fail. Pigeons aren’t cremated nor buried in the ground. They must become bones everywhere literally without being noticed by human-beings. How and where are pigeons dying into the bones?