「変化しないこと=悪」という短絡

■昨日のエッセーにまとめたように、成果主義システムはあまりに多くの欠陥があるため、いかなる組織においてもその導入は正当化できない。多くの日本企業の人事担当者がこのシステムに違和感を抱いているにもかかわらず、日本企業が次々と、トヨタ自動車までもが、この欠陥だらけのシステムを導入しているのは一体どうしてなのだろうか。
おそらく日本人は同じところにとどまっていることが、無条件に悪だという風に洗脳されてしまっているのだ。とにかく変化しさえすればいいのであって、その変化の内容はどうでもいいかのように。まるで変化せずにとどまっていることが禁止されているかのように。まるで変化することが絶対命令であるかのように。
いったいその命令はどこから来たのだろうか。誰が変化せよと命じているのだろうか。なぜ変化する必要があることの理由を詳細に分析しないまま、変化しなければならないのだろうか。変化しなければいけないと言うとき、どれくらい長く、深く、過去の状況について考えただろうか。
もし十分に考えていなければ、間違った選択をするのはある意味あたりまえではないのか。変化を決断する以前に、変化する必要が本当にあるのかどうかを自分自身に問い直す必要がある。変化が常に正しい方法でないことは自明だ。深く考えずに変化に飛びつくのは、僕らが怠惰な証拠だ
As I summarized in yesterday’s essay, the performance-based salary system has too many defects to justify its introduction into any organization. I wonder why more and more Japanese companies, even Toyota, introduce this defective system even though many Japanese emloyees in charge of human resource management feel uncomfortable for it. Maybe Japanese are brainwashed to believe that remaining the same is indisputably a bad thing. That is as if we have only to change, whatever change it might be. As if it were prohibited to stay unchanged. As if it were an absolut order to change. Where does the order come from? Who orders us to change? Why do we have to change without a detailed analysis of the reasons why we have to change? When you say that we have to change, how long and how far did you analyze your status in the past? If you don’t have a basis strong enough, it will be inevitable for you to take a wrong alternative, such as performance-based salary system. We have to ask ourselves whether or not we really have to change at all before deciding to change. It is self-evident that change is not always a right way. It is our laziness to jump at change without thinking deeply.