藤枝静男『悲しいだけ 欣求浄土』

藤枝静男『悲しいだけ 欣求浄土』(講談社文芸文庫)を読んだ。すべて読んだわけではなく、収録作品のうちの『欣求浄土』『厭離穢土』『一家団欒』『悲しいだけ』だが、これらの作品を読むだけでも『田紳有楽』につながる主題がすでに現れており、やはり『田紳有楽』が一種の私小説であることが納得できる。