フジテレビ、在日ドキュメンタリー映画でひと儲けか

■映画『踊る大捜査線』のヒットに気を良くしたフジテレビが、こんどは在日韓国人のドキュメンタリー映画でひと儲けしようと考えているらしい。マイケル・ムーアの『ボウリング・フォー・コロンバイン』の反響から、ドキュメンタリー映画にも一定の需要があると判断したようだ。『白い巨塔』では日本のテレビドラマ初のアウシュビッツ収容所ロケーションといううたい文句で視聴率稼ぎに走ったのに引き続いての暴挙だ。どうしたフジテレビ。金儲けのためなら、もう何でもありか。