ドイツ語字幕つきDVDをAmazonで購入

■懲りずにAmazon.deからドイツ語字幕つきDVDを3枚取り寄せてみたが、今回は1枚が大成功、1枚がまずまず、残り1枚が失敗だった。
大成功だった1枚はKleine Haieというドイツのコメディ映画(1992年)で、難聴者用のドイツ語字幕が物語の要約ではなく、脚本とぴったり一致している。まずますの1枚は27 Missing Kissesという2000年のグルジア映画(ちなみにグルジアとはトルコの北隣の国、グルジア映画といえばパラジャーノフだな)で、ドイツ語吹き替えと字幕は80%程度一致しているので、まったく勉強にならないということはない。
失敗だったのはヴィム・ヴェンダース監督のAm Ende der Gewalt(『エンド・オブ・バイオレンス』1997年)で、Amazon.deの「このDVDについての技術情報」のページには確かに「字幕:ドイツ語、英語」とも「字幕:なし」とも書いてある。注文するときには「字幕:ドイツ語、英語」の方だけしか見ていなかったので、てっきり字幕があると思って購入したが、実際には「字幕:なし」の方が本当だった。ただヴィム・ベンダースなので英語で楽しむことにする。
結論としては、もともとドイツ語で制作された比較的新しい映画で、難聴者用のドイツ語字幕がついているDVDを購入すれば、PAL形式対応のDVDプレーヤーでドイツ口語の勉強ができるということになる。ドイツ口語の勉強をしている方(いったい日本にどれくらいいるのかわからないが)はご参考にどうぞ。