感情移入を許さない石井ふく子演出

■石井ふく子プロデュースのテレビドラマをたまたま観ていたのだが、こちらがまったく感情移入できないにもかかわらず、役者が必死でクサい演技を続けるのでいい加減腹が立ってきた。同じ石井ふく子プロデュースの『渡る世間は鬼ばかり』についても同じことが言える。若い脚本家のやたらと陰惨なドラマも、ご年配プロデューサーの脂がにじみ出るような演出過剰のドラマも、僕にとっては変わるところがない。