きょう、学生時代の女友だちからほとんど卒業以来ではないかという連絡を電子メールで…

■きょう、学生時代の女友だちからほとんど卒業以来ではないかという連絡を電子メールでうけとった。電子メールでうけとるという状況の変化に、もうあれから十年近くたってしまっている年月の恩恵と残酷さを同時に感じた。いまではだれもがあたりまえのようにやりとりする電子メールの手軽さは、いつもどおりの週末に不意に学生時代の空気を吹き入れるうれしい気まぐれをもたらすけれども、その同じ年月がどうしようもない年齢にまで僕を追いつめてしまっている。さらに十年後はどうなっているだろうか。楽しみでもあるし、暗い気持ちにもなる。
■今日はパソコンで節操もなくさまざまな曲を聴いていた。Starship『Nothing’s Gonna Stop Us Now』『We Built This City』『Sara』、REO Speedwagon『Can’t Fight This Feeling』、Roxy Music『More Than This』『Don’t Stop The Dance』、Mina『Parole Parole』、Giogliola Cinquetti『La Pioggia』、Power Station『Get It On』『Some Like It Hot』、Tracey Ullman『They Don’t Know』『Breakaway』、Nena『Irgendwie Irgendwo Irgendwann』、Strawberry Switchblade『Since Yesterday』、Go West『Call Me』、Nina Hagen『My Way』、ペドロ&カプリシャス『ジョニイへの伝言』、ピンクレディー『渚のシンドバッド』。中でも久しぶりに1曲完全に聴けて感動したのはTracey Ullman、Strawberry Switchblade、Go Westだろうか。やはり1980年代洋楽は不滅です。