宇野浩二『思い川』

■宇野浩二『思い川』を読み終えた。超大人向き、いぶし銀の恋愛小説。自らの体験に取材した私小説なのだが、やはり『子の来歴』同様、筆致の冷淡さ、距離のとり方が絶妙。固有名詞を「なにがし」「それがし」でぼかす方法、処々に挿入される括弧つきの注釈、ときにその注釈が、注釈をほどこされる言葉と矛盾した意味を付け加えることで不思議な意味の広がりを与える点、非常に多い句点、二重かぎ括弧(『』)で強調される単語など、宇野浩二晩年の文体も独特。