紅葉を求めて鬼怒川へ

■先日紅葉の風景を求めて鬼怒川温泉に出かけたところがまったくの冬だった。ねずみ色の雲が山々の頂をふさぎ、傘をさしてもコートの前に白くこびりつくほど降りしきる雪の中で渓谷に向かってシャッターを切ったが、出来上がった写真には無数の白い筋が映っているだけ。厚い雲で光量が足りず、シャッター速度が遅すぎた。50mmf1.8の単焦点を持っていれば、雪を止めることができたかもしれない。紅葉狩りをする天気ではなかったので、温泉に入ってその日のうちに帰ってきた。それでものんびりとした東武線の旅はなかなか楽しめた。