読んでいなかった『坊っちゃん』

■前回のこの日記は永井荷風の『おかめ笹』を読み終えたと言うところから始まっていたが、その後、途中で読みさしたままだったゴールドラット著『チェンジ・ザ・ルール!』(ダイヤモンド社)を読破し、しばらく木田元『現象学の思想』(ちくま学芸文庫)を読んでいた。ただメルロ・ポンティに関する論文ばかりなのに辟易して、夏目漱石『坊ちゃん』を読み始めた。文庫化されている漱石の小説はたいてい読んだつもりだが、よく考えると『坊っちゃん』だけ読まないことに本屋の中で気づいたためだ。マドンナだの赤シャツだの『坊っちゃん』については『我輩は猫である』同様その親しみやすさだけが強調されるためかえって僕のようなへそ曲がりには敬遠される結果になった。