永井荷風『おかめ笹』

■前回のこの日記は鴎外の『雁』を読み始めたというところで終わっていたが、しっとりと静謐な余韻を残すこの名作を読み終えた後、永井荷風の『おかめ笹』を同じく岩波文庫で読み終えた今日、月を越して久しぶりの日記となった。