Yahoo!Japanに掲載されていた毎日新聞の2002/08/08付けニュース…

■Yahoo!Japanに掲載されていた毎日新聞の2002/08/08付けニュースによれば、国立社会保障・人口問題研究所の試算によると日本の自殺者が日本のGDPに与えるマイナス効果は年間1兆3000億円、日本では失業率が高くなった時期に自殺者が増加するのに対して、国家的に自殺予防対策が講じられているスウェーデンでは失業率が上がっても自殺者が減少しているとのこと。かつて密かに優性思想が根強かったと言われるスウェーデンの予防対策なので素直に称揚できないし、失業による自殺者増に国家が対策を講じるのは高度経済成長時代の公害問題と同じく、民間企業が放置した問題を国家が税金を使って尻拭いするだけになる。民間企業にとって従業員の心の問題を放置するのが不利益になるような制度を作ることが必要だ。すべての企業に創業以来の総従業員数に対する総自殺者数の割合を公表することを義務付けてはどうだろうか。