「韓日交流祭」展示の日本語誤植の多さ

■ちなみにK-POPのアーティストに関する日本語の情報としては、掲載アーティスト数と週間チャートやニュースなど最新情報の充実の点でこちらの『韓国情報発信基地!Innolife.net』が充実している。
■昨日分の日記で書き忘れたが「韓日交流祭」についてどうしても書いておかなければならないのは、展示に添えられた日本語のひどさである。漢字がすべて旧字体であるというのは、そもそも日本の現在の漢字は日本が勝手に作った省略体であるから仕方ないとしても、パンフレット類などわけのわからない誤植や落丁が多すぎる。
韓国で展示資料類を作成するときに日本語のネイティブチェックを行う日本人がいないのだろうか。普通日本企業が海外向け展示会に出展するときなどネイティブチェックは必須だと思うのだが。多少間違っていても通じるからという費用対効果を見越した手抜きなのだろうか。日本人の見学者としてあまり愉快でないことは確かだ。