情けないほどに奴隷根性の染み付いたタイプの人間がいるもので

■情けないほどに奴隷根性の染み付いたタイプの人間がいるもので、自分が責任のある立場から、他の責任者に下駄を預けられる立場になったとたんに、肩の荷が降りた安堵感からかえってやる気が出てしまうという社員。それが担当者レベルならまだ許せるが、仮にも「部長」という肩書きをもつ人間だとなると給料泥棒としか言いようがない。一つの部門の責任者として必要な行動を起こしていない実行力のなさを責められると、「それだけの技術力のある人間がいないからだ」とすべてを「技術力不足」のせいにしようとする。不足しているのは技術力ではなく指導力だということがまったく自覚されていないのだから始末が悪い。「技術力不足」だと言いながら部下に技術を習得させるための施策を講じているかと言えば、外部の講習会の参加は担当者たちの「自主性」に任せている。すべては部門の責任者に不適格な人間が部長という肩書きを持っていることが原因なのだが、当の本人がそれを自覚していないというのは、この部署に限ったことではなく、会社全体でも同じ構造が繰り返されている。組織が再帰的に、自分のマネージャとしての不適格性に無自覚なマネージャによってマネージされているときているのだ。(言っておくがこれは他人から聞いた話の抜粋である)