後藤明夫『挟み撃ち』、香山リカ『若者の法則』

■後藤明夫『挟み撃ち』(講談社文芸文庫)。脱線した話がぜんぜんもとにもどってこないという小説。実験的な小説で楽しめる。香山リカ『若者の法則』(岩波新書)。自分が「若者」であるかどうかの確認のために読んだ。結論としては僕は「若者」ではない。ただ日常的に「若者」に不愉快を感じている人は、まず本書を手にとらないだろうし、仮に手にとったとして書かれていることを理解するだけの柔らかい頭を持っているかどうか疑問。彼女の「手紙」は誰に届くのか?
■無難なことしか書けなくてごめんなさい(僕にとって大切な昔からの読者の皆様へ)。