森鴎外『舞姫』

■お出かけの電車の中でのひまつぶしに新潮文庫で森鴎外の『舞姫』を読み直した。鴎外の冷酷さがきわだつひどい話で、これが代表作として教科書にまで掲載されている理由がよく分からなくなった。でも『舞姫』を読んでも文語文という気がしなくなったのは、最近明治文学ばかり読んで文語調に鍛えられた証拠。この年齢になって文語の美しさを再発見できるのは幸福だ。