NGO参加拒否問題で日経の驚くべき不見識

■今朝の日本経済新聞『春秋』を読んで愕然とした。今回のNGO参加拒否問題で「大損したのは鈴木氏」「同情を集める真紀子氏の損は小さい」と書いてある。この『春秋』の記者、今回いちばん損をしたのがNGOであることにまったく触れていないのだ。これで日経の記者がつとまるなら日経はきっと御用新聞なのだろう。信じがたい不見識である。
ピースウィンズ・ジャパンの大西氏が鈴木氏とのやりとりのメモを2002/01/30に発表した。メモの真偽はどうでもいいが、メモについて鈴木氏は読売新聞に対し「自分が言ったのは『君たちは国民の税金を使うので、国民に感謝しなくてはだめだ』という趣旨だ」と述べたという。
この鈴木氏の発言がいかに的を外しているか。命の危険を冒して難民救援活動をおこなうNGOに感謝しているのは、むしろ国民の方なのだ。NGOが国民に感謝するのではなく、国民がNGOに感謝しているのだ。いったい国民の誰が「税金を使わせてやっているのだから、NGOもちょっとは感謝しろ!」などと不遜なことを思うだろうか。
そんな不遜なことを思うのは鈴木氏のような政治家だけだろう。彼はまるで自分が国民の意見を代表しているかのような口ぶりだが、国民の支援を受けているのはNGOの方ではないか。鈴木氏を擁護する『春秋』の記者も同罪、今回の問題で国民の善意をもっとも反映しているのがNGOであり、その次が田中外相であるということをこの記者はまったく理解していない。
たしかに田中外相の人気はポピュリズムの部分もあるだろう。だがワイドショーが鈴木氏を悪役にしたのは厳然たる過半数の「民意」だ。いったい日経はいつから御用新聞になったのだろうか。外務省が鈴木氏の影響力に左右されているように、日本経済新聞も隠然たる権力の奴隷になってしまっているのかもしれない。