樋口一葉の日記

■樋口一葉全集で彼女の日記を読んでいるのだが、記憶力や生真面目さに驚かされる。ある集まりで男性と女性、年齢の合計はどちらが多いかというゲームになったという下りがあるが、日記には20人近くの年齢が逐一記されている。おそらく一葉は翌日になって前日の行動を反省しつつ日記を記したと思われるが、ここまで律儀に日記を書く人も珍しい。また、図書館通いをして男子学生の中に自分ばかり女性で気恥ずかしい思いを書いている部分や、生計を立てるための針仕事の疲れについ勉強を怠ってしまう自分を戒める部分は、眉をよせながら筆を走らせる姿が思い浮かべられるようでチャーミングでさえある。