武蔵野線に乗るとき

■武蔵野線に乗るとき車窓を流れる見わたす限りの平原にところどころ残された雑木林に舗装されていない砂利道さえ通っていると、かつては林深く手つかずの自然の姿だったころが想像され、まるで国木田独歩の作品そのままではないかと思い返すとなるほどこの路線には「武蔵野」線という名がついているのだった。
■コンサルティングファームと米国型楽天的啓蒙主義の自己矛盾について近日中にエッセーをまとめたい。