あらゆる可能な現実

■現実はこの一つの現実ではなく、どのようにでもありえた。しかしそのあらゆる可能な現実が仮に現実に存在したとすれば、その現実もやはりわれわれにとって理解可能な現実だったろうか。