ナレーション:三石琴乃

■日曜の昼間にバラエティー番組など観ていると「ナレーション:三石琴乃」といったスーパーを見かけることがある。そうか、このナレーションって『新世紀エヴァンゲリオン』の「葛城ミサト」だったんだ(他の人にとっては『セーラームーン』の...)と改めて気づくが、僕が小学生のころ夢中になった松本零士作品の声優と比較して彼らのバックグラウンドの違いに考えさせられる。
メーテル役の池田昌子は洋画吹替(オードリ・ヘップバーンなど)出身、江守徹は舞台俳優出身。野沢雅子はほぼ純粋なアニメ声優。一方、現在アニメで活躍している声優さんたちはほとんど養成所出身。池田昌子のような艶のある声よりも、元気でキンキンした声が圧倒的に多いのは気のせいか。バラエティーのナレーションにはその方がぴったりするのだけれども。