人は管理職に生まれるのではない、管理職になるのだ

■人は年をとれば自然にマネージャーになるのではなく研修や訓練が絶対に必要である。人事部門がそれを理解していない会社にまともな管理職が育たないのは当然だ。あらゆる対応が後手にまわり、管理職研修にぬかりない大企業から転職してきた身からすると「今さら遅い」とため息をつくばかり。
プロジェクト・マネージメントの基本的なスキルがないのだから、大手ベンダーと打ち合わせしていてもこちらのあまりの低レベルぶりに恥ずかしい思いをすることもしばしば。特定の社員や部署に残業がかたよるのも原因は同じ。僕の胸中にはとてもシンプルなメッセージが反復される。「管理職の方々、もう少し考えて仕事しましょうよ」