高尾慶子『イギリス人はおかしい』

■近々生まれて初めてロンドンに行く予定なので文春文庫『イギリス人はおかしい』高尾慶子・著を読んだ。異国の地を踏む前にロンドンを讃えた本を読むのではなく、ロンドンをけなした本を読むというのは正しい選択だと思う。ロンドンに到着したときに幻滅するよりは「意外にいいじゃん」と思いたい。おそらくロンドンは効率の悪いイライラさせられる都市に違いないのだが、それを補ってあまりある美しさがあるはずなのだ。英国についてビートルズとダイアナ妃のイメージしかない方は必読の書だ。