手に入れたものの貴重さに

■手に入れたものの貴重さに後から気づいた瞬間は、それ以上ない至福の時でもある。