僕が喫煙者に対して理不尽なほど厳しすぎるというメールを頂いた

■僕が喫煙者に対して理不尽なほど厳しすぎるというメールを頂いた。例によって喫煙者ならではの自己弁護の言葉が書いてあったわけだが、僕は煙草を吸うこと自体が悪いなどとはまったく考えていない。一日何本煙草を吸おうが個人の自由である。ただし、その人間がいつでも煙草をやめられる限りにおいてだ。喫煙者のほとんどが煙草をやめられない薬物(ニコチン)依存の人間である。薬物依存にならないだけの自己管理さえできない人間が何を言っても説得力はないのだ。僕が非難しているのは、薬物依存から抜け出せないまさにその点であり、個人が煙草を好きなとき、好きなだけ吸うことを批判するつもりはまったくない。こう言われて悔しければ、今すぐ煙草をやめてみて欲しい。