悪気のない悪意ほど始末の悪いものはない

■悪気のない悪意ほど始末の悪いものはない。言っている本人はまったく悪意はないが、口から出ている言葉が他人を不愉快にさせている。そして言っている本人は他人を不愉快にさせていることにまったく気づいていない。だから本人にそのことを指摘すると「お前が悪いんだろう」という論旨で反論されてしまい、とりつく島がない。ある意味、そういう性格は僕にとってうらやましい性格でもある。自分の言葉が相手にどう響くだろう、なんてことをまったく考えずに生きられるならどんなに気楽だろうか。やれやれ。