分かっていない人ほど助言されることを嫌うものだ

■分かっていない人ほど助言されることを嫌うものだ。これをSI業界にあてはめると、自社の問題点が分かっていない企業ほどコンサルタントを嫌うものだ、ということになる。分かっていないわけではない。ただその人や企業が分かっていないと思っていることとはまったく別のことを分かっていないということが分かっていないのだ。一般的にSEにありがちなのは「自分は技術的なことが分かっていないのだ」という思いこみだ。しかし実際には政治的な力学や自分の置かれている力関係が分かっていない。