そごうが自力再建を断念した

■そごうが自力再建を断念した。これで再建を前提にしたこれまでの債権買取などの政策が誤りだったことになった。再建のための政策が結果的に世論の反感を買い、再建不可能な状況を作り出した。政府は政策の「副作用」を軽く見過ぎていたようだ。そごうが最終消費者を顧客とする企業であることを看過していたのだろう。ゼネコンなら事情は違ったかもしれないが。